/

この記事は会員限定です

改憲埋没 安倍政権時との違い鮮明に

[有料会員限定]

今回の衆院選は与野党とも新型コロナウイルス対応や経済再生を優先し、憲法改正は争点として埋没気味になっている。早期の改憲を目指すと公約に記した自民党の岸田文雄首相も第一声となった福島市での演説では改憲に触れなかった。

前回の2017年衆院選では当時の安倍晋三首相が改憲を訴え、主要な争点となった。今回も自民党は自衛隊の明記や緊急事態対応、合区の解消、教育充実など4項目を提示しているが、反対する野党の危...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン