/

この記事は会員限定です

G7特許庁長官が初会合、ワクチン開発促進に向け連携

[有料会員限定]

主要7カ国(G7)の特許庁長官が19日夜にオンラインで会合を開いた。G7としての会合は初めて。共同声明を採択し、ワクチンや医薬品の開発を協力して促進する方針を示した。安価で質の高いワクチンの普及には特許制度が不可欠だと強調し、ライセンス契約による適正な技術移転や研究開発を支援する。

背景に特許が途上国などへの新型コロナウイルスワクチンの普及を遅らせたとの批判が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン