/

22年度予算案の早期成立、自公幹部が方針確認

自民、公明両党は19日、国会内で幹事長・国会対策委員長会談を開いた。2022年度予算案の今国会での早期成立に向けて協調すると確認した。23日投開票の沖縄県名護市長選で協力する方針も確かめた。

与野党6党が設ける文書通信交通滞在費(文通費)を巡る衆院の協議会に関し、参院でも枠組みを検討すると申し合わせた。

自公両党は今国会の開会中に幹事長・国対委員長による会合を定例で開くと14日に合意した。次回は26日に催す。19日の会談で2月以降の開催日程は話し合わなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となります。関連の最新ニュースをご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン