/

この記事は会員限定です

安保上重要な土地、政府が規制行為7例 レーザーや電波

[有料会員限定]

政府は安全保障のうえで重要な土地の取引を調査・規制する法律で規制対象となる行為をまとめた。防衛関係の施設などの機能を妨げる懸念がある「阻害行為」としてレーザー光の照射をはじめ7例を挙げた。土地の利用者に同法が禁じる活動をしないよう徹底させる。

政府は重要土地利用規制法の運用の基本方針案を策定した。案に具体例を明記した。7月内にも開く有識者らによる審議会で示す。同法が全面施行する9月までに正式に決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン