/

この記事は会員限定です

気候変動の農業への影響深刻 被害額、新興国で年1兆円

(更新) [有料会員限定]

気候変動による世界の農業への影響が広がっている。2021年1~6月の災害の保険金支払額は過去10年で最高となった。農業被害額も最大規模に近づく可能性が大きい。食料の多くを輸入に依存する日本にとっても将来の安定供給に向けた体制整備が急務だ。

国連食糧農業機関(FAO)の最新の試算では、08~18年の災害による農業・畜産業の経済損失は世界の新興国だけでも1080億ドル(11.8兆円)に達し、年平均1兆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン