/

衆参3選挙、自民「全敗」 菅政権発足初の国政選

衆院北海道2区・松木氏 参院長野・羽田氏 参院広島・宮口氏

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
 参院広島選挙区再選挙で当選が決まり、支持者とタッチを交わす宮口治子氏(右、25日夜、広島市)=共同

衆院北海道2区、参院長野選挙区の両補欠選挙、参院広島選挙区の再選挙が25日、投開票された。自民党は与野党対決となった長野と広島でいずれも敗れ、候補擁立を見送った北海道2区を含めて1議席も得られなかった。菅義偉首相は政権運営の立て直しが必要になる。

3選挙は2020年9月の菅政権発足後初めての国政選挙で、各党は今年秋までにある衆院選の前哨戦と位置づけていた。新型コロナウイルスへの対応や「政治とカネ」を巡る問題が争点だった。

参院広島選挙区の再選挙は河井案里氏(自民を離党)の公職選挙法違反事件による当選無効に伴う。立憲民主党などが推薦し共産党も支援した諸派新人の宮口治子氏が事実上の与野党一騎打ちに勝利した。

 参院長野選挙区補選で当選を決め、支援者から拍手で祝福される羽田次郎氏(右から3人目、25日夜、長野市)=共同

自民が擁立した新人の西田英範氏は事件の影響で組織を固めきれず届かなかった。

参院長野選挙区は立民の新人、羽田次郎氏が20年末に新型コロナに感染し死去した兄の雄一郎氏の「弔い選挙」を掲げた。共産、国民民主、社民各党の推薦を受けて臨んだ。

自民新人で元衆院議員の小松裕氏は新型コロナ対策の強化などを訴えたものの、支持が広がらなかった。

 衆院北海道2区補選で当選を決め、自身の名前に花を付ける松木謙公氏(中央、25日夜、札幌市)=共同

衆院北海道2区補選は収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農相(自民を離党)の議員辞職を受けた。立民が擁立した元職の松木謙公氏は野党共闘の枠組みで優位に選挙戦を進めた。日本維新の会の新人候補らは届かなかった。

投開票日の25日、東京や大阪などで新型コロナの感染拡大による緊急事態宣言の適用が始まった。感染収束へ出口が見えない状況で、政権の対応を巡る有権者の審判となった。7月4日投開票の東京都議選や、首相の衆院解散戦略にも影響を与えかねない。

投票率は衆院北海道2区が30.46%、参院長野選挙区が44.40%でいずれも過去最低を記録した。参院広島選挙区は33.61%だった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン