/

途上国へワクチン無償供給 首相、追加資金拠出に言及

菅義偉首相は18日(日本時間19日)、フランスのマクロン大統領が主催したアフリカの資金調達に関する首脳会合にビデオメッセージを寄せた。途上国への新型コロナウイルスのワクチン供給に向けて「できる限り貢献する」と述べた。

途上国に無償でワクチンを分配する枠組みに日本は既に2億ドル(約218億円)出しているが、追加拠出に言及した。

6月2日には日本と、官民連携の国際組織「Gaviワクチンアライアンス」が共催するワクチンサミットがオンラインで開かれる。無償供給の資金などについて話し合う予定になっている。

首相は2022年にチュニジアで開かれる第8回アフリカ開発会議(TICAD)については「アフリカ開発の針路を示す重要な機会となる」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン