/

この記事は会員限定です

経済対策のGDP押し上げ効果、政府5.6% 市場1~3%

[有料会員限定]

内閣府は19日、政府がまとめた事業規模78.9兆円の経済対策の効果について、実質国内総生産(GDP)を5.6%押し上げるとの試算を示した。家計や企業向けの給付金が対策の柱で、市場関係者は経済成長につながりにくいとの見方が大勢だ。GDP押し上げ効果は1%台から3%程度にとどまるとの厳しい見方が多い。

山際大志郎経済財政・再生相は19日の記者会見で「今の段階で考え得る政策をすべて盛り込んだ結果だ」と強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン