/

この記事は会員限定です

首相が駐日米大使と広島訪問調整 平和記念公園で献花

[有料会員限定]

岸田文雄首相は月内にも米国のラーム・エマニュエル駐日大使と被爆地・広島市を訪問する調整に入った。平和記念公園で献花することを検討している。新型コロナウイルスの感染状況などを見極めて時期を最終判断する。

首相は衆院広島1区の選出で、かねて「核兵器のない世界」を追求すると意欲を示している。4日に官邸で面会したエマニュエル氏から広島を訪問する意向を聞き、歓迎すると伝えていた。

日米両政府は1月に首相と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン