/

コロナ感染妊婦、搬送体制を強化 官房長官

加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、妊娠中の新型コロナウイルス感染者への対応を強化する方針を示した。各都道府県に「あらためて妊産婦などの搬送、入院体制を確保するよう求める」と述べた。「政府として必要な支援をしっかりする」と強調した。

妊婦の感染を巡っては千葉県柏市で自宅療養中だった女性の搬送先が見つからず、自宅で早産した男児が死亡した事案が19日に明らかになった。加藤氏は「妊娠された方の受け入れはコロナ対応の課題の一つと認識していた」と話した。亡くなった男児と家族に「ご冥福をお祈りし、お悔やみ申し上げる」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません