/

立民・泉代表、萩生田氏の旧統一教会訪問は「組織的」

(更新)

立憲民主党の泉健太代表は19日の記者会見で、自民党と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係は組織的だったとの認識を示した。自民党の東京都連会長の萩生田光一政調会長は参院選前の6月に生稲晃子参院議員と関連施設を訪れたと認めている。

泉氏は「組織的に連れて行ったのではないか。自民党として組織的に関わっていたことをいまだに認めようとしていない」と指摘した。

「国民から答えを出すよう求められている。国会を開かずにやり過ごそうとしているのが岸田内閣だ」とも批判した。第2次岸田改造内閣についても「『統一教会内閣』と言ってもいいくらい、依存してきた議員による内閣だ」と主張した。

日本維新の会などを除く野党は臨時国会の召集要求書を提出し、旧統一教会の問題を含めて議論する必要があると訴えている。立民の長妻昭氏らは19日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、閣僚と旧統一教会の関わりについて追及した。

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン