/

この記事は会員限定です

「賢い支出」、成長主眼に議論を 長期戦略に規律必要

データが問う衆院選の争点

(更新) [有料会員限定]

衆院選に向けて与野党が財政出動策を競っている。中長期の成長力に結びつける「賢い支出」(ワイズスペンディング)の議論を欠いたままでは、先進国で最悪の財政状況の悪化を加速させるリスクもある。過去20年で政府債務はほぼ2倍に膨らんだが、潜在成長率は1%未満で低迷する。巨額の財政出動を成長につなげられなかった教訓を、今度こそ生かせるかが問われる。

各党はいずれも分配政策に躍起で「賢い支出」の議論が見えない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン