/

この記事は会員限定です

寺田総務相の更迭検討、岸田首相が「自ら判断」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相は政治資金の問題が相次いで発覚した寺田稔総務相を更迭する検討に入った。19日の記者会見で寺田氏の進退を自ら判断する考えを示した。2022年度第2次補正予算案や世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題の被害者救済といった課題への影響を考慮した。

首相は山際大志郎前経済財政・再生相と葉梨康弘前法相を事実上更迭した。およそ1カ月間で3人の閣僚が辞任する事態になれば政権への打撃は避けられない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
岸田政権

岸田文雄首相・政権の最新ニュースをご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません