/

この記事は会員限定です

大学10兆円ファンドの「賭け」 米欧と資金差、改善探る 

グローバル教育と政治② 国際ランキング低下に危機感 

[有料会員限定]

日本の大学の国際的な競争力低下が鮮明になってきた。資金力や論文数で米英や中国に後れを取り、国際ランキングを落とした。研究者の海外流出など経済安全保障上の懸念が高まる。政府は公的資金も投じる10兆円規模のファンドによる支援を始める。

「東大や京大(の順位)が停滞し、東北大、東工大、阪大は大幅に下落している。世界大学ランキングをどう見ているのか」。国民民主党の伊藤孝恵氏は5月の参院文教科学委員会で萩生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン