/

この記事は会員限定です

国家安保局長に秋葉氏 菅外交、外務省主導へ回帰

外務次官の後任は森氏

[有料会員限定]

政府は外交政策の司令塔となる国家安全保障局(NSS)の局長に外務省の秋葉剛男次官を充てる方針だ。警察庁出身の北村滋局長は退任する。菅政権の外交・安保政策は外務省主導へ回帰する。秋葉氏の後任には森健良外務審議官(政務担当)を起用する。

秋葉氏の人事は各省の次官人事などを終えた後に発令する見通しだ。NSSは第2次安倍政権だった2014年に立ち上げた。

首相が議長を務める国家安全保障会議(NSC)の事務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン