/

岸田氏「GoTo再開検討」 河野氏「同一労働・賃金徹底」

自民総裁選

(更新)

自民党総裁選の候補者4氏は19日、経済の再生や格差是正を巡ってテレビ番組などで議論した。河野太郎規制改革相は非正規労働者の待遇改善に向けて同一労働同一賃金を徹底すると訴えた。岸田文雄氏は政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」の再開を条件付きで検討すると話した。

河野氏はNHK番組で「正規と非正規の格差があまりにも大きい。非正規に女性が多く男女格差にもつながっている」と述べた。転職や再就職の際に「失業保険と生活保護の間を分厚くしていくことが大事だ」との認識を示した。

企業の利益が個人の所得につながっていないとも言及した。労働分配率を高めた企業への法人税減税を「速やかに始めたい」と主張した。減税は「先行投資」と指摘し、賃金が上がれば所得税収が増えると説明した。

岸田氏は国会内で記者団に「Go To トラベル」の再開を巡り「安心して活用できる仕組みが必要だ」と語った。旅行者が旅館やホテルで新型コロナウイルスワクチンの接種証明を見せる案を想定する。時期を問われると「平時に近い社会経済活動を取り戻し経済を再開したら」と答えた。

NHK番組で「企業の利益を大企業と中小企業のサプライチェーンで適正に配分する」と話した。介護士や看護師の賃金を上げる意向を示した。副業や兼業の拡大で「所得の格差はならされていく」と説いた。

高市早苗氏はNHK番組で低所得者を対象とする給付付き税額控除の導入を提案した。労働分配率を高めた企業の法人税を減税し、企業が持つ現預金に課税する考えを明かした。

フリーランスが不当な扱いを受けないようにするため「契約書と労災を義務化する法案」を提出すると表明した。

フジテレビ番組で米国の中距離ミサイルの日本への配備に関して「国民の命と領土を守るために絶対必要だ。むしろ積極的にお願いをしたい話だ」と明言した。「米国の核の傘の下に日本はある。全く活用せずに討ち死にはあり得ない」と強調した。

野田聖子幹事長代行はNHK番組で子ども向けの予算を充実すると掲げた。省庁横断の新たな行政組織「子ども庁」を創設し、政策の財源には子ども向けへ特化した「子ども国債」の発行をあてる構想を提示した。

「教育費に相当負担がかかっているなら先行投資で国が保障する方針でいきたい。大きな財源をつけたい」と力説した。

野田、高市両氏は19日、報道各社のインタビューも受けた。

自民党総裁選2021特集ページはこちら
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

自民党総裁選2021

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選には河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏が立候補。9月29日に投開票され、岸田氏と河野氏の決選投票の結果、岸田氏が新総裁に決まりました。岸田氏は10月4日召集の臨時国会での首相指名選挙を経て第100代首相に就任しました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン