/

高齢者ワクチン接種、越年の可能性 自民・下村氏言及

記者会見する自民党の下村政調会長(14日、党本部)

自民党の下村博文政調会長は19日、高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種が年内に終わらない可能性に言及した。「自治体によっては医療関係者の協力が足らず、65歳以上に限定しても場合によっては来年までかかるのではないか」と述べた。

本部長を務める党新型コロナウイルス感染症対策本部の役員会で発言した。「全国民が接種できるのは来年春くらいまでかかるところもあるかもしれない」とも語った。党として日本医師会などに協力を求め、自治体の支援にあたる考えを示した。

菅義偉首相は同日、ワクチンに関し「9月末までに(全対象者への)供給にめどがたった」と語った。

下村氏はまん延防止等重点措置が新規感染者数の減少につながっていないとの見解も示した。「緊急事態宣言も視野に入れた徹底した感染対策」の必要性を指摘した。まん延防止等重点措置は20日から適用対象が10都府県まで広がる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン