/

この記事は会員限定です

立民代表選、専門家に聞く

[有料会員限定]

安心感を前提に刷新を 一橋大教授 中北浩爾氏 

多くの有権者は今の野党に政権担当能力がないと認識している。自民党は実績に基づいて安定した政権運営ができると主張できる。立憲民主党が意識すべきことは主に3つある。

1つは基本的な政策領域での信頼感だ。日米同盟を基軸とする外交安全保障や、財政破綻にならないような経済運営だ。

7割が従来を踏襲した安心感のある政策、3割で自然エネルギーなど独自色を出すくら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン