/

尾身氏「五輪開催リスク認識を」 無観客を推奨

記者会見する尾身氏(18日、東京都千代田区)

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は18日、日本記者クラブで専門家有志らとオンライン記者会見を開き、東京五輪・パラリンピックについて「無観客の感染リスクが最も低く、望ましい」と強調した。足元では感染力の強い変異ウイルスが広がる。「(五輪開催の)リスクを十分認識してやってほしい」と警鐘を鳴らした。

観客を入れる方向で調整を進める政府や大会組織委員会に対し、感染状況に応じて無観客への変更も検討するよう求めた。感染拡大や医療の逼迫が起こり得る兆しを察知したら「早急に強い対策をうってほしい」と述べた。議論の軸となっている「上限1万人」の評価は明確に示さなかった。

分科会会長としてではなく一人の専門家の意見と断ったうえで、大阪での感染急拡大のような事態が大会中に起きれば「五輪を続けることは難しい」との考えも示した。さまざまなデータを活用すれば感染拡大の兆しを把握できると指摘。「深刻な状況になる前に機敏にちゅうちょなく対策を打っていただきたい」と注文した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン