/

官房副長官は常に同行を 自民世耕氏、外国訪問で苦言

自民党の世耕弘成参院幹事長は18日の記者会見で、東南アジアを歴訪中の岸田文雄首相に官房副長官が常に同行している状況ではないことについて「私の知る限り初めてだ。できる限り避けた方がいい」と苦言を呈した。世耕氏は安倍政権時代に官房副長官を3年半以上務めた。

12日からの歴訪には当初、磯崎仁彦官房副長官が同行し、17日から木原誠二官房副長官と交代する予定だった。だが木原氏は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を巡る被害者救済新法の調整と国会対応のため日本にとどまった。磯崎氏は16日夜に帰国した。

世耕氏は、首相外遊に同行する官房副長官の役割に関し「政治家が首脳会談などの模様を記者団に説明し、いろんな事態が起こったときに首相に助言する」と指摘。「国会や新法の立案に相当手間がかかっているんだろう」とも述べた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません