/

自民、新人の選挙区を変更 河村元官房長官の長男

自民党は18日、衆院選比例代表候補として新人6人の公認を追加決定した。15日に中国ブロックでの擁立を決めた新人の大学客員准教授、河村建一氏は北関東ブロックの32位に変更した。

河村氏は河村建夫元官房長官の長男。建夫氏は次期衆院選で出馬を見送り、地元の衆院山口3区からは参院議員を辞職した林芳正氏が自民党公認で出馬する。

党は18日に比例名簿登載者310人を発表した。うち比例単独が59人、重複立候補者が251人だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン