/

首相「迅速に検討」 緊急時の国産ワクチン承認の党提言

新型コロナウイルスのワクチンを充填した注射器

菅義偉首相は18日、首相官邸で自民党の下村博文政調会長と会った。下村氏は新型コロナウイルスの国産ワクチン開発を巡る提言を渡した。緊急時に対応する新たな薬事承認の仕組みを検討するよう求めた。首相は「科学的根拠を踏まえ政府として取り組む。迅速に進めるべきだ」と答えた。

同席した武見敬三・党国際保健戦略特別委員長が面会後、記者団に明かした。

提言は海外製ワクチンは海外の審査や流通状況を基に特例承認できる制度がある一方、海外で承認されていない国産ワクチンには適用できないと指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン