/

日本の人口1億2622万人 20年国勢調査、5年で86万人減

think!多様な観点からニュースを考える
スクランブル交差点を歩く多くの人たち(東京都渋谷区)

総務省は25日、2020年国勢調査の人口速報値を公表した。20年10月1日時点の外国人を含む日本の総人口は1億2622万6568人で、15年の前回調査から86万8177人(0.7%)減った。1920年の第1回調査以来初めて減少に転じた前回調査から2回連続で少なくなった。

国連推計による各国人口と比較すると、日本は11位で前回から1つ順位を下げた。メキシコに抜かれた。日本が上位10位圏外になるのは比較可能な1950年以降で初めて。

減少率は2010年から15年までの0.8%から縮小した。総務省は人口減が鈍化した理由を「自然減は加速したが、それを補う外国人の流入があった」と説明する。

総人口のうち男性が6136万14人、女性が6486万6554人だった。

38道府県の人口規模が縮小した。減少率が最も高かったのは秋田県で6.2%だった。100万人を下回ったのは10県で、秋田が新たに加わった。

東京圏の1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)と愛知、滋賀、大阪、福岡、沖縄の計9都府県は増えた。

増加率は東京の4.1%が最も高く、1400万人を初めて超え1406万4696人になった。東京圏の人口は3693万人で5年前を80万人ほど上回った。日本全体に占める割合は0.8ポイント上昇して29.3%になり、人口集中が一段と進んだ。

全国の世帯数は5571万9562で4.2%膨らんだ。単身世帯の増加傾向が続く。15年調査で2.38人だった1世帯あたりの人数は2.27人になった。

国勢調査のインターネットでの回答を呼び掛けるサイト画面

今回の調査は新型コロナウイルスの影響下で実施した。総務省は感染拡大の対策でインターネットによる回答を呼びかけた。全体の50%をオンライン回答にする目標を掲げたが、実際は37.9%だった。

国勢調査員は70万人ほどを見込んだが確保は難航した。総務省は新型コロナへの懸念や高齢化の影響を指摘する。調査期間を延長する自治体も相次ぎ、当初2月予定だった速報値の公表が6月にずれ込んだ。

詳細な内容を含む確定値は11月に公表する予定だ。

国勢調査とは


総務省が5年に1度、10月1日時点で外国人を含め日本国内に住む全ての世帯の実態を把握するために実施する。各世帯に調査員が調査票を配り、各世帯の家族の性別や生年月日、就業状態、居住期間などを調べる。
住民票に基づく住民基本台帳の人口などと違い実際の居住地に即した指標になる。今回は1920年の第1回から数えて21回目で、学歴や利用交通手段といった質問項目を増やす10年に1度の「大規模調査」だった。
国勢調査で調べた人口や世帯数は国が地方自治体に配る地方交付税の算出などに使う。選挙区の「1票の格差」是正のための区割り変更などにも使われる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン