/

「感染者、報告より多い」 尾身氏、政府発信強化要請

新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は18日の衆院内閣委員会閉会中審査で、検査不足のため実際の感染者が発表されている数より多いとの認識を示した。全国的な感染拡大について、デルタ株と国民の「コロナ慣れ」が主な要因だと指摘。「社会全体が感染対策に協力する状況になっていない」と述べ、政府に強いメッセージ発信を求めた。

検査に関し「供給が間に合っていないのに加え、一部の方が積極的に受けようとしない」と懸念を表明。「報告されているよりも、感染者はもう少し多いと思う」と語った。

感染拡大を抑止するための対応として「医療体制の強化と人流の5割削減に向け、国と自治体が現状は災害なんだという強い思いでやっていただくことが非常に重要だ」と強調した。

厚生労働省の山本史官房審議官は、コロナ患者を対象にした抗寄生虫薬「イベルメクチン」の使用に関し「治験結果を踏まえ、今後承認申請がされた場合には、優先かつ迅速に審査が行われる」と説明した。

自民党の冨岡勉、立憲民主党の今井雅人両氏への答弁。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン