/

この記事は会員限定です

立民代表選が告示 4氏推薦人、共産との距離・立場映す

[有料会員限定]

立憲民主党の代表選が19日に告示され、逢坂誠二、小川淳也、泉健太、西村智奈美の4氏が立候補した。10月の衆院選で選挙協力した共産党との関係などが争点になる。各候補の推薦人や個別政策をみると野党共闘へのスタンスの違いが浮かぶ。

4候補は19日、党本部で記者会見し、政策や党改革について説明した。

逢坂氏は共産党を含む選挙協力に関し「地域事情に配慮しながらできる限り(与党と)1対1の構図を作る」と説いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン