/

韓国産化学品の不当廉売関税を閣議決定 

政府は韓国から輸入される炭酸カリウムに対して不当廉売関税を課す(東京・霞が関の財務省)

政府は18日、化学品の炭酸カリウムの輸入を巡り、韓国産品に反ダンピング(不当廉売)関税を課す政令を閣議決定した。24日から5年間、もともと3.9%だった関税に30.8%の税率を上乗せする。この措置はすでに3月下旬から暫定的に適用している。

炭酸カリウムは液晶パネルなどのガラス類の原料に使われる。財務省と経済産業省による調査で不当廉売による国内産業への損害が確認された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン