/

この記事は会員限定です

旧統一教会の被害者救済法、会期が壁 予算案審議が圧迫

自公立維の4党が実務者協議 早期法整備で一致

[有料会員限定]

岸田文雄首相は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を巡る問題で、被害者救済法案を今国会中に提出する意向を示した。2022年度第2次補正予算案の審議や外交日程を控え、12月10日の会期末まで残された時間は少ない。

自民、公明、立憲民主、日本維新の会の4党は21日、救済法案を議論する協議会の初会合を開いた。4党の実務者は悪質な商法や多額の献金を規制するため、早期の法改正が必要だとの認識で一致した。今国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません