/

この記事は会員限定です

「空飛ぶクルマ」まず大阪万博で 旅客輸送へ法整備検討

(更新) [有料会員限定]

政府は「空飛ぶクルマ」の2030年代の本格導入に向けた運航ルールなど法整備の検討に入った。第1弾として、25年の国際博覧会(大阪・関西万博)の会場移動などで人を乗せられるようにトヨタ自動車などと6月にも設ける官民の作業部会で協議する。万博で運航して世界に利便性を示し、30年代の都市部での利用を見据えて制度設計を進める。

新たに設ける作業部会は経済産業省と万博運営主体の日本国際博覧会協会が事務局を担う。トヨタや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン