/

この記事は会員限定です

コロナワクチン、4例目承認へ 問われる活用策

[有料会員限定]

厚生労働省の専門部会は18日、米ノババックス社が開発した新型コロナウイルスワクチンの薬事承認を了承した。国内では米ファイザー製、米モデルナ製、英アストラゼネカ製に続いて4例目となる。武田薬品工業が国内生産する。多様なワクチンを無駄にせず、どう使い分けるか日本の戦略も問われる。

後藤茂之厚労相が19日にも正式に承認する。厚労省の別の専門分科会の了承を経たうえで実際に打てるようになる。対象は18歳以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン