/

公明代表、中小社員の待機短縮提言 コロナ濃厚接触者

公明党の山口那津男代表は18日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の濃厚接触者の待機期間を巡り政府に提言した。中小・小規模事業者の社員について医療機関の従事者らと同等に短縮するよう訴えた。

政府は14日に濃厚接触者の待機期間を14日間から10日間に短縮すると決めた。医療従事者ら自治体が社会機能を支える「エッセンシャルワーカー」と指定する職種は待機6日目のPCR検査の結果が陰性なら解除する。

山口氏は首相官邸で開いた政府・与党連絡会議で「感染の抑え込みと社会経済活動の両立に取り組んでもらいたい」と発言した。記者団に「中小・小規模事業者はテレワークを用いたり代替要員を確保したりするのは困難だ」と語った。

「政府は自治体と連携し検討してほしい」と促した。公明党が1月から全国で中小・小規模事業者などを対象にアンケートを実施していると紹介し「切実な声をたくさん聞いている」と説明した。

  • 著者 : 日本経済新聞社政治・外交グループ編
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 2,640円(税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン