/

この記事は会員限定です

薬剤師が注射、医師法の壁 医療行為認められず

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、注射の打ち手の拡大が課題になっている。河野太郎規制改革相が18日の記者会見で薬剤師も検討対象になるとの認識を示したが、厚生労働省は慎重な立場だ。いま接種業務を担っている医師や看護師、歯科医師とは異なり、薬剤師は医療行為が認められていない。厳格な医師法が立ちはだかる。

河野氏は18日、ワクチン接種の人材確保に関して、離職中の潜在看護師や4月に特例で容認した歯...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン