/

この記事は会員限定です

そのデータ、機械は読めますか 政府統計公開で足踏み

西野杏菜

[有料会員限定]

2020年に新型コロナウイルス禍が広がり、感染対策などで政府の統計データを活用するニーズが高まってから、はや3年近くがたとうとしている。海外では機械(コンピューター)が読みやすい形でデータが公開され、企業や研究機関が感染者数やワクチン接種の進み具合を瞬時に分析できるようになった。それでは日本はというと、残念ながら道半ばだ。

人間が見やすいデータと、機械が読みやすいデータは一致しない場合が多い。日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません