/

日米高官、共同会見取りやめで電話協議 韓国と協力方針

外務省の船越健裕アジア大洋州局長は18日、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と電話で協議した。現地時間17日に開いた日米韓の外務次官級協議後の共同記者会見が取りやめになった事態を踏まえ、日米の協力を確認した。

両氏は北朝鮮の核・ミサイル開発や日本人拉致問題の解決に向け、韓国との協力を深める方針を擦り合わせた。

韓国の警察庁長官が島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸したことに日本側が抗議し、共同会見を拒否した。米国が単独で記者会見していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン