/

日米韓共同会見「不適当」 竹島問題理由に官房長官

松野博一官房長官は18日午前の記者会見で、日米韓外務次官級協議の後に3者による共同記者会見を取りやめた理由を説明した。韓国の警察庁長官による島根県・竹島(韓国名・独島)への上陸をあげて「韓国側に強く抗議している中で共同記者会見を実施することは不適当と判断した」と話した。

日米韓の次官級協議は17日に米ワシントンで開いた。松野氏は竹島上陸を巡り「日本の立場に鑑み、到底受け入れることができない」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン