/

この記事は会員限定です

半導体供給網に集中投資 政府、骨太方針など決定

(更新) [有料会員限定]

政府は18日、菅義偉政権で初めてとなる経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)と成長戦略を閣議決定した。デジタル化や脱炭素など4分野に重点を置き、成長力を底上げする。半導体を戦略物資と位置づけ、サプライチェーン(供給網)の強化に集中投資する方針を打ち出した。

首相は同日の経済財政諮問会議などの合同会議で「今後の予算編成や制度改正に向けて具体化し、スピーディーに実現する」と述べた。

成長戦略では、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン