/

トンガ海底噴火、潮位変化で6県被害 金子農相

金子原二郎農相は18日の閣議後の記者会見で、南太平洋のトンガ沖で発生した海底火山噴火に伴う異常な潮位変化で、高知、三重など6県で漁船転覆や養殖施設の損傷といった被害が出たと明らかにした。人的被害や農産物への影響は確認されていないという。

水産庁によると、17日午後2時時点で、宮城、高知、徳島の3県で漁船30隻ほどが転覆したり沈没したりした。徳島では沿岸に設置した小型定置網が損傷した。三重のカキや海藻類、沖縄のモズクのほか、和歌山、宮城で養殖施設にも被害があった。調査次第で今後増える可能性がある。日本に輸入する食料に現時点で影響はない。

1991年のフィリピン・ピナツボ火山の噴火後には、北半球の平均気温が低下し、日本では93年のコメ不作の一因になったとされる。金子農相は「噴火の規模や気象への影響はまだ明らかになっておらず、我が国の農業や食料供給にどのような影響を与えるか引き続き注視する」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン