/

中国の極超音速兵器 官房長官「安保上の強い懸念」

松野博一官房長官は18日の記者会見で、中国が核を搭載可能な極超音速兵器の発射実験を8月に実施したとの報道に関し「日本を含む地域と国際社会の安全保障上の強い懸念となっている」との認識を示した。

英紙フィナンシャル・タイムズが伝えていた。松野氏は「透明性を欠いたまま継続的に高い水準で国防費を増加させ、核ミサイル戦力を含め軍事力の質量を広範かつ急速に強化している」と指摘した。

日本の対応策について「探知追尾能力や迎撃能力を高めるほか総合ミサイル防空能力の強化により対処していく」と語った。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン