/

統計書き換え、週内にも関係者処分へ 国交相

斉藤鉄夫国土交通相は18日の閣議後の記者会見で「建設工事受注動態統計」の書き換えや二重計上の問題を受けて週内にも関係者の処分を公表する考えを示した。自身の責任も「しっかりと考えていきたい」と述べた。

斉藤氏は「検証委員会の報告書を踏まえ事実確認をしている。できる限り速やかに(処分を)行いたい」と強調。判断時期は「今週中には私も含め職員の処分の問題について一定の報告をしたい」と明らかにした。

検証委の調査を受ける過程で、新たな推計ミスや、書き換えをやめるよう指示した後も一部の都道府県で書き換えが続いていたことも判明した。斉藤氏は同省の専門チームでこうした問題の解明もめざすと言明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン