/

この記事は会員限定です

「成長と分配」巡り論戦 エネルギー・安保も対立軸

[有料会員限定]

衆院選公示を受け、31日の投開票に向けた政策論争が本格化する。自民党は「成長と分配」を掲げ、賃上げに積極的な企業への税制支援などを訴える。野党も分配政策を公約の柱として消費税減税や現金給付を唱えた。エネルギー政策では原子力発電所の扱いを巡り対立軸が生じ、安全保障も見解が分かれた。

自民党は非正規雇用者などへの現金給付を念頭に置く経済的支援も目玉に据える。数十兆円規模の経済対策を策定する方針だ。岸田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン