/

霞が関の職場接種21日から 羽田・成田の職員にも実施

河野氏発表 企業や大学は同日までに最大269カ所

(更新)

河野太郎規制改革相は18日の記者会見で、霞が関で働く中央省庁の国家公務員の職場接種を21日から始めると発表した。羽田、成田両空港で水際対策などに携わる職員向けも同日に着手する。21日までに職場接種を開始する全国の企業や大学が最大で269会場になるとも明らかにした。

中央省庁の職場接種は職員1万数千人が対象になるという。当面は家族は含まず職員本人のみに実施する。文部科学省の庁舎内の会議室を会場に各省庁の診療所に勤める医師らが接種を担う。

河野氏は「私も接種する。閣僚も希望する人は打っていただきたい」と語った。地方にある国の出先機関の職場接種も検討を進める。

羽田、成田両空港の対象者は水際対策や危機管理に携わる職員6000人ほどを予定する。河野氏は「水際で最前線でやってくれている職員がなるべく早く打てるようにしていきたい」と強調した。

防衛省は29日から自衛隊員らへの職場接種に取りかかる。全国の自衛隊病院や規模の大きな基地、駐屯地などで進める方針だ。

21日から企業や大学での職場接種が本格的にスタートする。河野氏は18日午前9時時点で3258会場の申請があり、対象は1300万人にのぼると説明した。そのうち最大269カ所は21日までに先行して接種する。

ANAホールディングス日本航空(JAL)などはすでに職場接種を開始した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン