/

この記事は会員限定です

重要インフラ、供給網の機密管理 サイバー防衛へ指針

[有料会員限定]

政府は4月にもサイバー攻撃への対処を事業者に促す指針を改定する。中小企業も対象にサプライチェーン(供給網)で機密情報を守る体制整備を求める。対応を怠れば監査も可能な仕組みにする。巧妙になり続けるサイバー攻撃やシステム障害に備え、データの厳重管理を徹底する。

供給網を通じて起きたサイバー攻撃で国や産業の基幹インフラに関するシステムが故障すれば社会・経済活動への影響は大きい。企業の機密情報が漏洩する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン