/

この記事は会員限定です

輸出の中国比率、過去最高に 米中対立がリスクに

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

財務省が19日発表した2020年度の貿易統計速報は、輸出入で中国への依存を強める日本経済の現状を映した。輸出に占める中国向けの比率は22.9%と10年ぶりに過去最高を更新し、初めて2割を超えた。米国を抜き、中国が最大の輸出先となった。深刻化する米中対立が貿易取引に波及すれば、新型コロナウイルス禍からの景気回復を阻むリスクになりかねない。

20年度の輸出は全体で前年度比8.4%減の69兆4873億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り841文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン