/

接種予約サイト「一部改修」 防衛相、抜本策は考えず

新型コロナウイルスワクチンの接種予約サイトの画面(17日、東京都千代田区)

岸信夫防衛相は18日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約サイトを一部改修する方針を示した。虚偽の予約を防ぐため、入力された市区町村コードが正しいかどうか確認できるようにする。

自治体のシステムと連携する抜本改修は「考えていない」と明言した。「個人情報をあらかじめ防衛省が把握し照合する必要がある。迅速なワクチン接種の観点から困難だ」と語った。

予約サイトを巡っては架空の接種券番号で予約できる不備が判明している。接種会場では実際の接種券や身分証明書を確認するため、架空情報で予約を取っても接種はできない。

岸氏は架空情報を使った予約に関し「ワクチン接種を希望する方々の機会を喪失し、貴重なワクチンを無駄にしかねない悪質な行為だ」と述べた。虚偽予約をしないよう呼びかけた。

今回のような方式を採った理由を「全国民の個人情報を防衛省が把握することは適切ではないと考えた」と説明した。自治体のシステムと連携すれば「(予約サイトの)動作に支障が出る可能性がある」とも話した。

今回の問題は一部の報道機関が架空情報で予約が取れると報じたことで明らかになった。岸氏は報道した朝日新聞出版と毎日新聞社に対し「悪質な行為であり厳重に抗議する」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン