/

石原派、派閥存続で一致 後任会長はパーティー後

自民党石原派は17日夜、東京都内で会合を開き、衆院選落選で会長辞任を表明した石原伸晃元幹事長の後任会長を、来月中旬に開催する政治資金パーティー後に決定すると確認した。派閥存続には異論がなかった。

会合には森山裕前国対委員長や坂本哲志前地方創生担当相らが参加。後任会長には森山氏を推す声が出たという。

会合では山田俊男参院議員の入会を了承した。石原宏高元環境副大臣は派閥を退会し、岸田派に入会する意向を示しているという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン