/

この記事は会員限定です

自民総裁選、4候補が本格始動 感染対策でオンライン活用

[有料会員限定]

自民党総裁選の告示から一夜明けた18日、出馬した4氏による選挙活動が本格的に動き始めた。新型コロナウイルスの感染対策で地方への出張や街頭演説が難しい。河野太郎規制改革相、岸田文雄氏、高市早苗氏、野田聖子幹事長代行の4候補ともオンライン集会などを交えて支持拡大をめざす。

2020年に続き新型コロナの感染対策を考慮しながらの選挙戦になる。東京や大阪など19都道府県には緊急事態宣言を発令中で、候補者によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

自民党総裁選2021

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選には河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏が立候補。9月29日に投開票され、岸田氏と河野氏の決選投票の結果、岸田氏が新総裁に決まりました。岸田氏は10月4日召集の臨時国会での首相指名選挙を経て第100代首相に就任しました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン