/

この記事は会員限定です

守秘の壁に悩んだ公取委 巨大IT調査、異例の強制宣言

金子冴月

[有料会員限定]

公正取引委員会が16日に異例の声明を出した。今後、独占禁止法の第40条に基づく調査権限を積極的に使っていくという。過去ほぼ使われてこなかった強制権限を積極活用するという宣言だ。決断の背景には巨大IT(情報技術)企業と取引先の秘密保持契約(NDA)が情報収集の壁となっていたことがある。

「また守秘義務を理由に情報提供を断られた。任意の調査では実態に迫れない」。ある公取委の中堅職員は頭を抱えていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン