/

この記事は会員限定です

追加接種、ない袖は振れず やりくりパズルの厚労省

スレヴィン大浜華

[有料会員限定]

「足りる範囲で前倒しするしかない」。新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を医療従事者らで早める計画を示した2021年末、肝心のワクチンが十分にそろっているわけではなかった。厚生労働省はパズルのピースを埋めるような作業に追われた。

基本方針は専門家や自治体担当者でつくる審議会で11月に決めた。自治体には原則8カ月以上の間隔で打つように求めた。委員の間では根拠が乏しいとの声があった。薬事承認の際は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン