/

この記事は会員限定です

処方箋の反復利用導入へ 政府、医療費の膨張抑制

[有料会員限定]

政府は処方箋を一定期間反復して利用できる「リフィル処方」について、2022年度の診療報酬改定で導入する方向で調整に入った。処方箋を繰り返し利用できれば患者の通院負担が軽くなり、医療費を一定程度抑える効果がある。ただ政府は医師の技術料などにあたる診療報酬の本体部分を0.43%増やす方針。膨張する医療費に歯止めをかけられていない。

リフィル処方は、医師が1つの処方箋を繰り返し利用できる回数を決めて患...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン