/

この記事は会員限定です

太陽光発電減る夕方に逼迫リスク、需要ピークとはズレ

電力逼迫の夏2022

(更新) [有料会員限定]

政府は7月から全国の家庭や企業に7年ぶりに節電を要請する。東京では27日の想定以上の気温上昇に既に電力需給逼迫注意報が出された。太陽光発電の導入が進んで電源構成が変化し、新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが定着するなど生活様式も変わった。火力発電所の閉鎖や未稼働の原子力発電所により逼迫懸念が高まる今夏の対応策や背景を探る。

「午後3~6時の節電をお願いします」。注意報に基づく27日の節電要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン