/

この記事は会員限定です

看板政策会議、相次ぎ中間報告 デジタル・賃上げ道筋

[有料会員限定]

岸田文雄首相の看板政策を推進する首相官邸の会議が年末に相次いで中間報告をまとめる。年内に一定の方向性を示して官民のデジタル化や賃上げへの道筋をつける。具体策は2022年夏の参院選前に打ち出す経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に盛り込む。

今国会が閉幕する21日以降、28日の仕事納めまで首相官邸で連日会議を開く。成長と分配の好循環をめざす「新しい資本主義」を具体化するために岸田政権で新設し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン